Cox Cafe

XperiaやMVNOの情報など

格安SIMを使いませんか?

IIJmio使う人は紹介コード「694 8329 6496 4226」を使うか、 こちらから是非どうぞ。
2ヶ月間高速データ量が10%増量されます。

サーバー移転は.htaccessで

現在、このblogの旧URL(http://r-studio.velvet.jp/)にアクセスすると、勝手に新URL(http://r-studio.oops.jp/)に飛ばされます。
ブラウザの"戻る"で戻っても決して旧URLには行けません。

これは.htaccessで制御しているからです。

Webサイトが移転した場合、訪問者を移転先に誘導する方法は色々ありますが、よく知られているのは"meta"を使う方法。

<meta http-equiv="refresh" content="3;url=http://r-studio.oops.jp/">

こんな感じにしておけば、旧URLにアクセスすると3秒後に移転先に自動的に移動します。
文章でもその旨を記述しておけば、多くの人に移転したことを知ってもらえるでしょう。

しかし最大の難点は、各ページに移転する旨と上記"meta情報"を追加しなければならないということです。
さらにアクセス数が多いWebサイトだと、転送量が激増してサーバーから怒られる可能性大です。

それに比べ、.htaccessを利用すれば、誰も気づかないうちに移転を完了することが出来ます。
.htaccessに以下の記述をすればいいだけ。

Redirect permanent / http://r-studio.oops.jp/

これを旧サーバーに一個置いておくだけで、瞬時に移転先に飛ぶようになります。
これのすごいところは、例えば

http://r-studio.velvet.jp/archives/2006/03/31-1316.php

にアクセスすれば、

http://r-studio.oops.jp/archives/2006/03/31-1316.php

に飛ばされるという点です。
ディレクトリ構造やファイル名さえ変更しなければ、移転先の同じ内容のWebページに飛ばされるのです。

blogのように何百ページもあるような場合には非常に有効的です。
また、せっかくGoogleに拾ってもらっているページも移転によって台無し、なんてこともなくなります。

難点は、移転した旨を告知しないと、移転したことに訪問者が気づかないという点です。
旧サーバーもずっと契約し続ける場合や自宅サーバーなら放っておいてもいいかもしれませんが、いずれ旧サーバーは解約するという場合はきっちり移転した旨を告知する必要がありますね。

ちなみにこのblogの旧サーバーは4月一杯で契約が終了するので、5月上旬には消滅する予定です。
あしからず。

ad

-主要エントリー