XperiaやMVNOの情報など

Cox Cafe

パッチのあて方

投稿日:

パッチのあて方を初めて理解したので早めにメモ。

MT 3.2 + SQLiteでのrecently_commented_on
↑のパッチをあてるという形で実践。

まずは下準備。

  1. ソフトウェア工房αよりpatc254w.zipをダウンロードする。
  2. 解凍して、"patch.exe"を"C:\WINDOWS\SYSTEM32"の中にコピペ。

ここからパッチあて作業。

  1. パッチあての作業に使用するフォルダ(ここでは"patch"という名前にする)を作成。場所はどこでもいいが、ここではマイドキュメントとする。
  2. --- lib/MT/ObjectDriver/DBI/sqlite.pm.bak Mon Sep 19 17:46:51 2005
    で始まる緑色のBOX内をコピペしてテキストとして1で作成した作業用フォルダに保存。ここでは"patch.txt"という名前にする。
  3. lib/MT/ObjectDriver/DBI/sqlite.pm
    このファイルを作業用フォルダにコピペなりで移動させる。
  4. Windows付属のコマンドプロンプトを起動。
  5. cd C:\Documents and Settings\xxxxxx\My Documents\patch
    これを入力する。xxxxxxの部分は人それぞれ違うので自分で調べる。
  6. patch < patch.txt
    これを入力する。
  7. patching file sqlite.pm
    この一文が出てくれば成功。
  8. 作業用フォルダのsqlite.pmファイルを元の場所に戻し、サーバーにアップロード。
    作業用フォルダにはパッチあて前のファイルも別名で生成されているため、適当な場所に保存しておく。

こんな感じの流れになります。
ちょっとしたパッチあては初心者には手書きの方が良さそうですが、ある程度大きいものならこっちの方が手早く出来そうですね。

ad

ad

ad

-主要エントリー
-

Copyright© Cox Cafe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.