Cox Cafe

XperiaやMVNOの情報など

格安SIMを使いませんか?

IIJmio使う人は紹介コード「694 8329 6496 4226」を使うか、 こちらから是非どうぞ。
2ヶ月間高速データ量が10%増量されます。

国家の品格

父が珍しく本を薦めてきました。
国家の品格という本です。

私の3倍はタカ派の父が薦める本なので、相当過激な内容かと思いながら読んだのですが、読み終えてみるとなかなか良い本でした。

今の日本人は、誇りと自信を失っています。
しかしこの本を読めば、いかに日本が世界でも例がないほど素晴らしい国であるか、日本は誇るべき国だということがよくわかります。

経済力も軍事力も取るに足りないイギリスの言葉に世界が耳を傾けるのに、日本の言葉にはどこも耳を傾けない。
著者は、イギリスには自国の伝統や文化を重んじる"国家の品格"があるのに対し、日本はそれを失ってしまったからだと書いています。

しかし、ルネサンスや産業革命以前のイギリスは、日本に比べるとはるかに野蛮な国でした。
平安時代に日本で文学が発達していた頃、イギリスには文学の"ぶ"の字もありませんでした。

日本には、イギリスを上回る伝統や文化があるはずで、日本も十分"国家の品格"を持てる国なのです。

"国家の品格"を忘れてしまった結果、日本は経済力はあれども、人々の心は荒廃し、将来に光が見えない国となってしまいました。
日本を将来ある国にするためにも、日本人が誇りと自信を取り戻すことが重要なのです。

日本人で本当に良かったと思える一冊です。
是非読んでみてください。

ad

-主要エントリー