Cox Cafe

XperiaやMVNOの情報など

格安SIMを使いませんか?

IIJmio使う人は紹介コード「694 8329 6496 4226」を使うか、 こちらから是非どうぞ。
2ヶ月間高速データ量が10%増量されます。

ETCの普及率

最近は高速道路を利用する車では、平成18年7月20日現在で59.7%がETCを利用しているそうです。
過半数に達し、ずいぶんETCが普及してきたことがわかります。

主要都市高速では、
首都高速が一日約1,151,900台の通行に対し、ETC車が約785,400台で利用率が68.2%。
阪神高速が一日約841,500台の通行に対し、ETC車が約512,100台で利用率が60.9%。

地方高速では、
東日本高速が一日約2,217,800台、ETCが約1,251,000台で56.4%。
中日本高速が一日約1,528,900台、ETCが約951,100台で62.2%。
西日本高速が一日約1,891,800台、ETCが約1,054,500台で55.7%
本四連絡橋が一日約91,600台、ETCが約53,700台で58.6%。

こう見ると、都市部で普及率がやや高いようです。特に首都高を利用する車の70%近くがETCを利用していることになり、ETC車載器を付けていない車はだいぶ少数派となってきているようです。

それにしても、本四連絡橋を単独の会社としたのは、これを見る限りではちょっと酷だった気がしますね・・・。

また、利用率の増加に伴い、ETCレーンを違法突破する件数も激増しているようです。

私はよく阪神高速を利用するので見かけることが多いのですが、阪神高速のETCレーンのバーは異様に短いです。バーが開かなかったとしても通行出来そうなくらい。
さらに、昔はバーに接触するとバーも車も破損していたのですが、最近はバーも車も破損しないように設計されています。これが違法突破に拍車をかけているのかも知れません。

ETCレーンは20キロ以下で走行するよう呼びかけられています。
これは、もしバーが開かなかった場合にブレーキを踏めばバーと接触する前に止まることが出来る速度です。

しかし実際は20キロまで減速して通過する車は皆無で、多くの車は40から60キロくらいで通過しています。
また、首都高と阪神高速の場合、ETCレーンを突破出来る最高速度は180キロに設計されています。

無論これは180キロ出してもいいというわけではなく、180キロでもバーに接触せずに通過出来るようになっている、ということです。
ETCはさほど信頼出来るシステムではないため、ETCとETC車載器の通信が何らかの理由で途絶えたりすることがたまにあります。もしそうなったら、確実にバーに直撃することになります。

ETCレーンにはちゃんと監視カメラが設置されていて、違法突破した車のナンバーはしっかりと記録されています。
さらに道交法で違法突破した人をちゃんと取り締まることが出来るようになっており、現在は野放し状態ですが、今後は取締を強化していく方針だそうです。

違法突破して数百円だか数千円をその時は支払わなくても、捕まれば数十万円の罰金が科せられます。

また、たまに見かけますが、ETCレーンで止まっている車。非常に迷惑です。
ETCの故障ならまだしも、ETCカードの挿し忘れだとか、勘違いしてETCレーンに入ってしまっただとかは論外。
追突事故にもつながりかねないので、十分注意してもらいたいものです。

ad

-主要エントリー