XperiaやMVNOの情報など

Cox Cafe

舞妓と芸妓の見分け方

投稿日:

舞妓(まいこ)と芸妓(げいぎ)の違い。
極めて簡単に言えば、舞妓は見習いで、芸妓は一人前ということだそうです。

関東では芸妓のことを芸者と呼ぶことが多いようです。

舞妓さんと芸妓さんの見分け方は簡単で、襟の色が舞妓さんの場合は朱、芸妓さんの場合は白なのだそうです。芸妓さんに「舞妓さん」なんて呼びかけたら大変失礼なので、襟の色で見分けると良さそうです。

戦前は売春婦みたいなこともすることがあったようですが、当然現代ではそのようなことはありません。
彼女たちはあくまで舞などの芸を行う人たちなのです。

最近は舞妓さんの数も激減し、一時は58人にまで減ったそうです。
血縁など限られた人しかなれなかったためですが、最近はお茶屋さんがWebサイトで一般に舞妓を募集するようになり、増加傾向にあるとか。

私は舞妓さんや芸妓さんのいるようなお店に行ったことはありませんが、一度は行ってみたいものです。

ad

ad

ad

-主要エントリー

Copyright© Cox Cafe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.