Cox Cafe

XperiaやMVNOの情報など

格安SIMを使いませんか?

IIJmio使う人は紹介コード「694 8329 6496 4226」を使うか、 こちらから是非どうぞ。
2ヶ月間高速データ量が10%増量されます。

欧州車にはハイオクとレギュラーを混ぜる手もあり

2010/07/08

私の愛車ニュービートルはハイオク車です。というか、欧州車はどんな安い大衆車であろうともハイオク車なのだそうです。

理由は、欧州には日本のレギュラーガソリンに相当するオクタン価のガソリンが存在しないからです。

日本のガソリンは一般的にハイオクとレギュラーに大別され、それぞれオクタン価は98から100前後、90から92前後くらいになります。ちなみに"ハイオク"とは、オクタン価が高いという意味の"ハイオクタン価"の略だそうです。

一方欧州のガソリンは、オクタン価が95前後。つまり、欧州で一般的に使われているオクタン価のガソリンは日本には存在しないことになります。

したがって欧州車はオクタン価が95前後のガソリンで動くことを想定して作られており、それを下回るオクタン価のレギュラーガソリンを入れるとノッキングなどの現象が生じるため、やむを得ずハイオクガソリンを入れなければならないというわけです。

でも、95前後を想定しているのにわざわざ98から100のハイオクを入れるのはどうかと考える人もいるようで、金銭節約の意味からもハイオクを半分、レギュラーを半分入れて欧州ガソリンのオクタン価に近づけてしまうことも可能なのだそうです。

もちろん品質は低下するだろうし、私も試してみようとは思いませんが、レギュラーガソリンだけを入れた場合のような大きな問題はすくないようです。

もっとも、100%ハイオクに比べるとパワーが低下するのは避けられないかもしれません。

ちなみに、米国車はレギュラーで大丈夫な車もあるので、輸入車全部に上記内容があてはまるわけではないのでご注意を。

ad

-主要エントリー