Cox Cafe

XperiaやMVNOの情報など

格安SIMを使いませんか?

IIJmio使う人は紹介コード「694 8329 6496 4226」を使うか、 こちらから是非どうぞ。
2ヶ月間高速データ量が10%増量されます。

ヘンリー王子が戦地へ

イギリスのチャールズ皇太子の次男であるヘンリー王子がイラクに兵士として派遣されるようです。

ヘンリー王子は現在イギリス陸軍のブルーズ・アンド・ロイヤルズ連隊に所属しており、約10人からなる機甲偵察部隊を指揮しているんだとか。

期間は6ヶ月を予定しており、これが実現すればイギリス王室の一員が戦場に派遣されるのは、1982年にフォークランド紛争でチャールズ皇太子の弟であるヨーク公アンドルーがイギリス海軍のヘリコプター・パイロットとして従軍して以来25年ぶりだそうです。

日本の皇室の一員が戦場に派遣されるなど今では到底あり得ない話ですが、かつては皇族や臣籍降下した元皇族が帝国陸海軍の軍人として戦場に立っていました。

皇族としては、北白川宮能久親王が明治28年に陸軍大将として台湾出征中に戦病死。元皇族としては、昭和18年に伏見博英伯爵(伏見宮博英王)が海軍少尉として従軍中に乗機を撃墜されて戦死、昭和19年に音羽正彦侯爵(朝香宮正彦王)が海軍大尉として従軍中に玉砕で戦死。

他には、旧朝鮮王室出身で皇族に準じる身分である王公族の李?公(陸軍中佐)が昭和20年の広島の原爆で戦死しています。

まあ、大昔は天皇自ら兵を率いたこともあるし、ヨーロッパでは国王や王族が出征するのは自然なことだったので、特に驚くようなことではないのですが。

それでもヘンリー王子が万が一にでもイラクで戦死したとなればイギリス政府やイギリス軍が受けるダメージは非常に大きいはずで、ヘンリー王子の部隊を警護する部隊なども出てきて二度手間でしょうね。

恐らく政府も軍もヘンリー王子には本国にとどまってもらいたいところでしょうが、本人が戦地への配属を熱望しているようですし、やむを得なかったんでしょうか。

ad

-主要エントリー