Cox Cafe

XperiaやMVNOの情報など

格安SIMを使いませんか?

IIJmio使う人は紹介コード「694 8329 6496 4226」を使うか、 こちらから是非どうぞ。
2ヶ月間高速データ量が10%増量されます。

前照灯はハイビームが基本

2010/07/08

車の前照灯は上向き(ハイビーム)、下向き(ロービーム)と使い分けられますが、基本はハイビームだということを知らない人が意外と多いようです。

ただ、ハイビームは対向車や前走車、歩行者にとって殺人的な眩しさであるため、そういう場合はロービームにすることが法で定められています。

そして日本は都市部に人口が集中しており、夜間でも交通量が多かったり街灯や店舗によって道路が明るい場合が多く、必然的にロービームの使用時間がハイビームの使用時間を大きく上回ることになります。

結果、前照灯の基本はロービームであって、ハイビームはあくまでも補助的なものだという誤った認識が一般化しているようです。

教習所で、「基本はハイビームだが、対向車や前走車、歩行者がいる場合はロービームにしなければいけない」と教わるはずですが、忘れてしまったんでしょうか?

しかし、いくらハイビームが基本だとは言え、少なくとも私の生活圏内でハイビームを使うことはほとんどありません。実家が閑静な住宅街にあるので、実家に行く際に時々使うくらいです。

ロービームの場合に視界が明るくなる範囲は約40メートル、ハイビームの場合は約100メートルだそうです。

確かに、山道などに入ってハイビームに切り替えると、ロービームでは全く見えなかった先の道路の状況がよくわかります。やはり、対向車や前走車、歩行者がいない場合は安全のためにもハイビームにしておくべきでしょう。

時々、街中でもハイビームで走っている非常識な車がいますが、あれは本当に勘弁してもらいたいものです。対向車ならすれ違うまでの我慢で済みますが、後続車の場合はミラーに反射して本当に眩しい。

何とか私が眩しがっていることに気づいてもらうために、私はそういう場合リアフォグランプを点灯させるのですが(本当は良くない)、一度もロービームに変えてもらったことはありません。

リアフォグランプにしても、時々平時に点灯している車がいますが、その後ろにつくと本当に眩しいです。

あれは本来濃霧などで視界が悪い場合に、後続車に自車の存在を早めに気づいてもらうためのランプなのです。そのため、普通のテールランプに比べると非常に眩しく光るようになっています。

日本車はまだ少ないですが、濃霧が多いヨーロッパの車にはリアフォグランプが付いています。しかし日本ではなじみがないせいか、平時でもつける車がいるのです。

一方フォグランプは日本車にも増えてきて、これも平時に点灯している車がいます。これも本来は濃霧などで視界が悪い場合に、対向車に自車の存在を早めに気づいてもらうためのランプです。

しかし最近は本来の意味とは変わってきて、ファッション性のためだけに付いている車も多いように思います。

私のニュービートルにしても前照灯とフォグランプが同じ種類のランプで、濃霧の時に点灯しても特に意味はないと思います。というか、前照灯が暗すぎて、フォグランプを点灯してようやく普通の車のレベルになるかな、という程度なのです。

フォグランプを平時に点灯する車に嫌悪感を抱く人もいるようですが、これはもう一般化してきているし、特に眩しいとも感じないので私は気になりません。

ただ、最近増えてきているHIDランプで、特にSUVなど車高が高い車の場合は前照灯でもフォグランプでも結構眩しいです。もうちょっと光軸を低めに設定してもらいたいものですが・・・。

ad

-主要エントリー