Cox Cafe

XperiaやMVNOの情報など

格安SIMを使いませんか?

IIJmio使う人は紹介コード「694 8329 6496 4226」を使うか、 こちらから是非どうぞ。
2ヶ月間高速データ量が10%増量されます。

Safari 3.1のJavascript実行速度

2008/07/12

以前Firefox 3.0ではJavascriptの実行速度が向上 - Cox Caféで試したSunSpider JavaScript BenchmarkによるJavascriptの実行速度の計測ですが、Safari 3.1 for Windowsが正式にリリースされ、レンダリング速度が速いとのことだったのでまた試してみました。

今回計測したのは、

  • Mozilla Firefox 3.0β4(テテビルド)
  • Safari 3.1 for Windows
  • Internet Explorer 7.0

の3つ。Firefoxだけ独自ビルドでずるいというのはこの際気にしない方向で・・・。

で、結果ですが、

  • 5649.4ms:Mozilla Firefox 3.0β4(テテビルド)
  • 6889.6ms:Safari 3.1 for Windows
  • 47312.0ms:Internet Explorer 7.0

IEはちょっと論外として、Firefoxが若干Safariを上回る結果となりました。Javascriptの処理に関してはFirefoxに軍配が上がったようです。

ただし、Webサイトをブラウジングしているとよくわかりますが、全体的な速度はSafariの方が圧倒的に速い。おいおい、ちょっと待ってくれよというくらい速いです。

特に、今時はもう絶滅危惧種ですが、テーブルを何重にも使用してレイアウトされたWebサイトなどでは驚異的な速さを見せてくれます。

例えば300clp - Firefoxを遅くさせる最大原因はアドオンの六重テーブルを表示してみると、Firefox 3.0β4(テテビルド)だと平均的に1.2秒台ですが、Safari 3.1は平均的に0.2秒台です。

Yahoo! Japanなどを表示してみても、Safariの方がどことなくキビキビと素早く表示される気がします。

フォントも綺麗だし、デザインもいいし、本当はSafariをメインブラウザにしてしまいたい気分ではありますが、やはりFirefoxの拡張性の高さを考慮するとSafariに移行は不可能です。

せめてWindows版もマウスジェスチャに対応してくれれば・・・。

ad

-主要エントリー
-