Cox Cafe

XperiaやMVNOの情報など

格安SIMを使いませんか?

IIJmio使う人は紹介コード「694 8329 6496 4226」を使うか、 こちらから是非どうぞ。
2ヶ月間高速データ量が10%増量されます。

天皇陛下の75歳の誕生日

今日は天皇誕生日。今上陛下が75歳になられました。もう少しお若いのかと思っていましたが、意外とご高齢なんですね。にもかかわらず、宮内庁のWebサイトを見るとなかなか多くのご公務をこなされており、昨今の体調不良などもあってご健康が心配されます。

明治天皇の在位期間はおよそ45年、大正天皇は14年(元号は15年までありますが、大正元年は半年足らずであったため)、昭和天皇は62年(元号は64年までありますが、昭和元年と昭和64年はほとんど無かったため)。明治天皇は満59歳で崩御されましたが、大正天皇は47歳とお若く、一方で昭和天皇は87歳と非常にご長寿であったため、各元号の長さがかなりアンバランスになっています。

まあアンバランスだから悪いというわけではないのですが、なるべく長生きして頂いた方が、元号がコロコロ変わるよりは断然良いので・・・。

ところで、天皇はいらないと考える人もいると思いますが、私はそうは思いません。天皇が政治の実権を握る必要は全くないと思いますが、皇室外交に代表されるような日本の象徴的な存在として絶対に必要だと思います。

仮に天皇がいないとすると日本の元首は内閣総理大臣ということになりますが、数年も経たずにコロコロ変わる元首を誰が敬ってくれるでしょうか。国際的にも、天皇だからこそ各国は日本の元首を敬ってくれるのです。

欧米などでは、国のトップは外交儀礼上格付けされています。格付けが高い順に並べると、

  1. 皇帝
  2. 教皇
  3. 国王
  4. 大公
  5. 大統領
  6. 首相

となります。無論、儀礼上での格付けであって、国力などは関係ありません。

天皇は英訳すると"Emperor"となり、つまり皇帝という解釈がなされます。現在、世界中で皇帝の立場にあるのは天皇だけなので、天皇は世界のどの国のトップよりも高い格付けがなされているわけです。アメリカの大統領やイギリスの女王であっても、形式上天皇に対しては自らを低い立場の者として接しなければならないのです。

一方で首相は最も格付けが低い立場。G8などで各国首脳が集合写真を撮るときも、開催国以外の首相は外側に立たされます。大統領が中央で、首相が外側。さらに在任期間が長い人ほど中央寄りになるので、首相がコロコロ変わる日本はほとんど隅っこになってしまうのです。

このように、天皇と首相では外交上でも立場に雲泥の差があるわけですね。

皇室関連の予算は、平成20年ではおよそ68億円。宮内庁の予算も含めるとおよそ180億円ほどになります。これを高いと思うか安いと思うかは人それぞれですが、私は安いと思います。

そして、天皇の体調面を考慮するのは当然として、天皇がご健康ならば、言い方は悪いですが日本はもっともっと外交で天皇を利用すべきなんです。例えば紛争当事国に日本は天皇を前面に押し出して仲裁にあたるとか、色々場面はあると思うのです。

せっかく万世一系、最も古い歴史を持つ天皇家があるのだから、それを活用しない手はありません。そうすれば、日本の発言力が国際的に高まるひとつの要因にはなってくれることでしょう。

ad

-コラム