Cox Cafe

XperiaやMVNOの情報など

格安SIMを使いませんか?

IIJmio使う人は紹介コード「694 8329 6496 4226」を使うか、 こちらから是非どうぞ。
2ヶ月間高速データ量が10%増量されます。

平時では迷惑でしかないリアフォグランプ

欧州車に多い、視界が悪くない日の夜にリアフォグランプを点灯している車。あれって非常に迷惑なんですが、恐らく点灯している本人は後続車の運転手に迷惑をかけているという自覚が皆無なんだと思います。

リアフォグランプはそもそも濃霧などで非常に視界が悪い状態の時、後続車に自車の存在を知らせるためのものです。従って、平時に点灯すると眩しいだけで何の利点もありません。

日本車には元々リアフォグランプが装備されていない車がほとんどなので無用の心配ですが、濃霧が多い欧州の車には標準装備されていることが多いです。私のニュービートルにももちろん装備されています。

ニュービートルのランプスイッチ

上の画像はニュービートルのランプスイッチ。ウィンカーレバーと一体型であることがほとんどの日本車と違い、独立しています。

これを右にひねることでスモールランプ、ロービームと順に点灯させることが出来ます。また、スイッチを手前に1段階引っ張るとフォグランプ、もう1段階引っ張るとリアフォグランプが点灯します。

ニュービートルでも時々リアフォグランプを点灯しているのを見かけますが、わざわざスイッチを2段階手前に引っ張っているわけで、運転手はあえて点灯させているということなのでしょう。ほんとに迷惑です 🙁

しかし、運転手にだけ責任があるとは言えないと思います。確かにリアフォグランプが後続車に迷惑であることは付属の取扱説明書(私は熟読しましたが、読んでいる人はいるんでしょうか?)などに明記されていますが、納車時にディーラーの人からそのような説明を受けた記憶はありません。

日本車から乗り換えた人などは、リアフォグランプがどのようなものであるかという知識がないため、悪気がないまま使ってしまっている可能性もあります。そのあたり、欧州車を販売する業者の方々には是非注意していただきたいものです。

ちなみに私がリアフォグランプを点灯したことがあるのは、納車時の確認や点検などを除けば、集中豪雨の中阪神高速を走行した時、名阪国道で濃霧に遭遇した時の2回だけです。

ad

-コラム