Cox Cafe

XperiaやMVNOの情報など

格安SIMを使いませんか?

IIJmio使う人は紹介コード「694 8329 6496 4226」を使うか、 こちらから是非どうぞ。
2ヶ月間高速データ量が10%増量されます。

初めての夜行バス

2009/04/14

大阪-横浜間の移動に今回初めて夜行バスを利用したわけですが、どういうもんだったかを。

まず予約は高速バスを全国どこでも簡単検索! / JamBusで。出発地と目的地、利用日、人数を入力して検索すると、予約可能なバスの一覧が出てきます。

今回は横浜駅での集合時間が早かったのと、お金を節約するために夜行バスを選んだので、必然的に安いプランを選びました。初めての夜行バスなので、各プランにどういう違いがあるのかはあまり気にしませんでした。今思えばそれが間違いだったのです。

行きも帰りもウィラートラベルというツアーバス会社のバス。昔NHKでウィラートラベルを取材した放送があり、正直言って全く良い印象は持っていなかったのですが、予約が完了してからウィラートラベルだと気付いたので妥協した次第です。

行きと帰りでは若干値段が違い、行きは4200円、帰りは3900円という価格。それでも、選択画面で一番安いプランをそれぞれ選んだので若干の違いも気にしませんでした。

そして、行きに利用したバスは、

ネオ
参照

画像の通り狭いものの一応くつろげないこともないシートのバスでした。ウィラートラベル傘下のウィラーバスがコスト削減のために韓国の大宇バスを大量導入しており、韓国製という不安はあったものの乗り心地は悪くありませんでした。

隣の席は白髪交じりの中年男性で、乗車早々缶ビールを飲み、つまみを食べ始めたので臭いが厳しかったですが、消灯時にはそれらを片付けてくれたのでまあ良かったです。

22時頃に難波を出発後、23時半に京都駅で残りの乗客を乗せ、2時に伊勢湾岸道の刈谷パーキングエリアで、5時すぎに東名高速の海老名サービスエリアで20分ずつ休憩を取って6時半に横浜駅へ。休憩時は電灯が点いて添乗員のアナウンスがあるので、眠りが浅い人は目覚めてしまいます。

私は刈谷での休憩時のみ降りてトイレに行き、海老名では少し目覚めたものの、0時の消灯から6時半の横浜到着まで比較的よく眠れました。

一方帰りに利用したバスは、

スタンダード
参照

行きに比べると明らかに狭い。こちらはウィラーバスではなく、ウィラートラベルと契約している下請会社のバスだったようです。

こちらはもう狭くて狭くて、前の席の女性が遠慮無くシートを倒して爆睡していたので私の足が収まりきらず、隣の席の男性とも肩から腰まで密着状態で、苦痛で眠ることも出来ませんでした。特に無理な姿勢が祟って右肩が非常に痛み、大変でした。

23時半頃に横浜駅を出発、途中3回ほど休憩のために停止したもののどこかは記憶しておらず、5時半頃に京都駅で半数以上を降ろし、6時半に大阪駅でほとんど降ろし、最後に7時前に大阪難波駅へ。

京都駅で多くの空席が出来たにも関わらず、私の隣の席(通路側)の男性は爆睡していたので移動も出来ませんでした。ただ、前の席の女性がシートを元に戻して降りてくれたので、足だけはようやく少し伸ばすことが出来て助かりました。

大阪難波駅に着いて外へ出た時、地獄から天国へ行ったような気分でした。

今回の夜行バスの利用でわかったことは、ちょっとくらい値段は高くてもいいから、安いプランは選ぶなということです。次回利用することがある際は、出来れば3列シートのプランを選ぼうと思っています。

ad

-管理人の日記