Cox Cafe

XperiaやMVNOの情報など

格安SIMを使いませんか?

IIJmio使う人は紹介コード「694 8329 6496 4226」を使うか、 こちらから是非どうぞ。
2ヶ月間高速データ量が10%増量されます。

YouTubeがIE6のサポートを終了へ

ようやくIE6外しの動きというか、そういうものが出てきたようです。Internet Explorer 6でYouTubeにアクセスすると、以下の画像のような文言が出てくるようになったのです。

YouTubeがIE6のサポートを終了へ

Internet Explorer 6のサポートはまもなく終了します。との文言です。

プロ・アマ問わず、Webサイトを制作する知識が少しでもある方ならおわかりかと思いますが、とにかくIE6は大変厄介なWebブラウザでした。ちっとも制作者の言うことを聞いてくれないのです。そんなわがままなIE6のために、多くの人々がHTMLとCSSを書くのに余計な労力を費やしていたのです。

今現在のIEの最新バージョンは8ですが、では何故古い上に厄介な6のために余計な労力が必要なのか。それは、未だにIE6を使っている人が結構多いからなのです。

以下はこのブログの訪問者さんが使用しているWebブラウザの割合です。ブログがショボイのでサンプル数が少なくて申し訳ないですが、1ヶ月で9308アクセスのうち、48.91%がInternet Explorerで占められています。

ブラウザ別アクセス数

そしてそのInternet Explorerのうち、36.26%がIE6となっています。これは、全体の17.73%に相当します。

IE別アクセス数

つまり、IE8が出ている昨今、未だにIE6を使用している人がこのブログでは2割弱も存在するということなのです。これは、とても無視出来る数字ではありません(このブログでは無視させていただいていますが)。

そんなWeb制作者にとって悲惨な現状を打破するかのように、YouTubeが大きな第一歩を踏み出してくれたと言っても過言ではありません。

そもそも私はFirefoxユーザーなので、IE6を使用している人が何故未だにIE7やIE8を使おうとしないのかは私にはよくわかりませんが、少なくとも強い信念を持ってIE6を使っているわけではない人にIEのアップグレードを促す起爆剤になってくれることを、今回のYouTubeの動きに期待しています。

ad

-主要エントリー