Cox Cafe

XperiaやMVNOの情報など

格安SIMを使いませんか?

IIJmio使う人は紹介コード「694 8329 6496 4226」を使うか、 こちらから是非どうぞ。
2ヶ月間高速データ量が10%増量されます。

日本の過剰なサービスについて

2010/04/24

外国において日本人旅行者はうるさいことを言わないので旅行事業者や宿泊事業者の間で評判がよいという話を聞きますが、多分それは言葉がわからなくて我慢しているに過ぎないのではないかと思っています。

日本のあらゆるサービスは世界的に見てもかなり素晴らしいものだと思います。実際に外国に行ってみると、日本がいかに「お客様は神様です」状態であるかがわかります。ではなぜそのような質の高いサービスが提供されているかというと、それは日本人がそれだけのものを求めているということだと考えられます。

電車が数分遅れただけで謝罪アナウンスが流れたり、駅に到着する直前に他の路線との接続案内アナウンスを延々と続けたり、野菜が1つずつ丁寧にラッピングされていたり、「○○○円が○点」と言いながらレジを通したり、「いらっしゃいませ」を連呼したり、まだまだ食べられる食品を早々と廃棄したり、他にも色々ありますが、これらは本当に必要なことなのでしょうか。

確かにこれらの中にはありがたいサービスもあることは事実ですが、私個人的には無くても全く困らないものでもあります。

特に食品に関するサービスは過剰なもので、(まだ食べられるのに)少しでも古いと判断された食品は容赦なく捨てられ、結果的に日本は輸入した食料の三割に相当する食料を廃棄しているとも聞きます。全く恥ずべき話です。

こんなことになってしまったのも、「賞味」期限を過ぎたものや少しでも形がよくないものを敬遠する日本人自身に問題があるのです。また、こんな日本人の要求に馬鹿正直に応え続けてきたサービスの提供側にも問題はあります。1つの要求が通ればまた次にと、このループが続いた結果が今のサービス過剰時代というわけです。

仮に世界で日本語が通用するとすれば、恐らく日本人旅行者は世界の旅行事業者や宿泊事業者の間ではもっとも嫌われる存在になるのではないでしょうか。サービスに対する要求が高すぎて。

もちろんサービス精神の欠片もない状態はさすがに問題があると思いますが、日本人はもう少し心にゆとりを持って「まあいいか」という気持ちを持つ必要があるのではないでしょうか。

電車が数分遅れて接続列車に乗れなくて鉄道事業者に文句を言う前に、もう少し早めに家を出て早めの電車に乗ればよかったと考えることは出来ませんか? どの駅でどの路線と接続しているかをあらかじめ駅で確認しておけば、車内アナウンスは到着駅を言ってくれるだけでいいとは思いませんか? レジで会計を終えてから自分でレシートを確認すれば、「○○○円が○点」というレジ中の確認作業は不要だと思いませんか?

日本人は他者に依存しすぎているのです。他者への依存度を減らして自分の行動に自分自身で責任を持つことが出来れば、これらの過剰なサービスは自然と淘汰されていくのではないでしょうか。

店側のほんの些細な落ち度に何時間も大声で怒鳴り続けるような日本人を、そしてそれにペコペコと頭を下げ続ける日本人を、もう見たくはないものです。

ad

-コラム