Cox Cafe

XperiaやMVNOの情報など

格安SIMを使いませんか?

IIJmio使う人は紹介コード「694 8329 6496 4226」を使うか、 こちらから是非どうぞ。
2ヶ月間高速データ量が10%増量されます。

東北地方太平洋沖地震

2011/03/26

昨日、2011年3月11日、宮城県沖でマグニチュード9.0、宮城県北部で震度7を観測する、国内観測史上最大の大地震が発生しました。

15時前頃、オフィスで少しうとうとしていると何か目眩のような感覚がしました。10秒以上身体がゆらゆらと揺れて、妙だなと思っていると、同僚も揺れていると言ったので地震だと分かったのです。

Twitterや2ちゃんねるで確認すると、東日本の人から関西の人まで揺れたと言っています。しかも東日本の人はかなり大きな揺れだったと言っています。

やがて宮城県北部で震度7という情報が入り、重大な地震なんだと理解しました。しかも太平洋側のほぼ全域に大津波警報や津波警報が出ており、予想波高が10m以上となっていたのでさらに驚愕しました。

オフィスのテレビなどを見ていると、東北から関東にかけて火災が発生し、津波が物凄い勢いで沿岸地域に襲いかかっている映像を目にしました。何波もの津波の壁が海の上を沿岸めがけて進んでいる映像も流されていました。津波から逃れようとしている車が飲み込まれる映像もありました。信じられない光景です。

阪神大震災は大都市直下型の地震の揺れで倒壊した建物が多かったのですが、今回は巨大津波が町を押し潰してしまいました。今現在水は無くなっておらず、今後さらに被害の甚大さが明らかになってくると思われます。

起こってしまった災害はどうしようもありませんが、少しでも被害が大きくならないことを祈るばかりです。そして、今回直接的な被害はほとんど無かった大阪に住む私も、16年前の震災と合わせて地震と津波への備えを改めて考え直さなければと実感しました。

ad

-コラム