Cox Cafe

XperiaやMVNOの情報など

格安SIMを使いませんか?

IIJmio使う人は紹介コード「694 8329 6496 4226」を使うか、 こちらから是非どうぞ。
2ヶ月間高速データ量が10%増量されます。

息子生誕

昨日、初めての子供が産まれました! 午前10時52分、3475グラムの大きな男の子でした。

3日前の12月7日、お腹の赤ちゃんが大きくなってきているので試しに陣痛促進剤を投与する計画分娩を行うことになりました。妻は1ヶ月ほど前から実家の兵庫県加古川市に帰っており、私は7日の朝から車で2時間かけて妻が通っている病院に行きました。

しかし、ちょっとずつ陣痛促進剤の投与量を増やしながら17時頃まで様子を見たものの全く陣痛が来ず、結局その日は諦めて後日改めることとなりました。

その後妻は実家で父親と衝突を繰り返していることからストレスがたまっているとのことだったので、数日うちへ帰って気分転換をしたいと言い出しました。いつ赤ちゃんが産まれてもおかしくない時期なのでそれはやめた方がいいと私や妻の母親は説得したのですが聞き入れられず、そのままうちへ帰ってきました。

ところがその翌日12月8日、私が仕事から帰るとお腹が少し痛むとのこと。陣痛かどうかはわからないので少し様子を見ると言い、私は風邪で体調を崩していたので22時には先に就寝しました。

そして翌12月9日の午前1時頃、妻はお腹の痛みが少し強くなってきたとベッドでゴロゴロし始めて私も目を覚まし、2時頃には陣痛かも知れないと言うので支度して再び2時間近くかけて加古川の病院へ。

病院で内診してもらうと、軽い陣痛でまだ時間がかかりそうだと言われました。午前7時頃には妻の母親が駆けつけ、痛がる妻を励ましてくれました。

午前8時頃、赤ちゃんの位置がまだ高いと言われたので、妻に付き添って病院内の階段を上り下り。私も寝不足な上に風邪をひいているので結構きつかったものの、がんばって階段を上りました。

午前9時頃には妻がかなり痛がり始めたのでベッドに横になり、10時頃に破水、10時半に分娩室へ。

私と妻の母親がそわそわしながら分娩室の前で聞き耳を立てていたのですが、丁度病院内の清掃で掃除機がかけられていたので何も聞こえません。妻の母親はかなりイライラしていたようです。

そして午前10時52分、看護師から男の子が産まれたと言われました。何も音が聞こえなかったし、分娩室に入ってから20分程度だったので、「え、もう?」と妻の母親と顔を見合わせました。

1時間ほどしてから私と妻の母親は分娩室へ入り、妻と赤ちゃんに対面。

母子ともに無事だったのですが、妻は少し出血が多いとのことでした。

そこへ丁度病院から昼食が出されました。この病院、とにかく料理がすごく美味しいんです。12月7日の計画分娩の時に出された夕食を食べたのですが、ちょっとしたレストランのディナーと言っても過言ではなく、「病院食は不味い」という概念が吹き飛ばされました。もっとも、出産直後の妻にそれを食べる余裕は無く、代わりに私が分娩室で昼食を食べるという奇妙な光景でした。

それから私は妻の実家で夕方まで睡眠し、それから妻の父親と一緒に改めて面会に行きました。しかし妻は出血が続いて脳貧血を起こしたとのことで、大事をとって面会出来ず、赤ちゃんにだけ会ってきました。

その後妻の両親と3人で夕食をとり、私だけうちへ帰宅。妻からもその後メールが来るなど、体調はもう悪くはないようでした。

まだ一児の父親になったという時間はわかないですが、赤ちゃんはほんとに可愛かったです。

ad

-管理人の日記