Cox Cafe

XperiaやMVNOの情報など

格安SIMを使いませんか?

IIJmio使う人は紹介コード「694 8329 6496 4226」を使うか、 こちらから是非どうぞ。
2ヶ月間高速データ量が10%増量されます。

第46回衆議院議員総選挙

昨日、第46回衆議院議員総選挙が行われ、自由民主党が294議席(175増)の圧勝、民主党が57議席(173減)の大敗という結果になりました。これによって自民党と公明党による安倍晋三政権が樹立されることが確実です。

今回は国民の民主党への失望と、日本維新の会や日本未来の党などの第三極の存在が選挙結果にどう影響するかが注目されていました。結果、維新は54議席(43増)を獲得して第3党に躍進、一方で未来は9議席(53減)とほぼ壊滅状態となりました。

維新は全国で思うように議席を伸ばせず、未だに維新人気が根強い大阪で多くの議席を獲得しました。未来は嘉田代表の知名度が近畿以外では低く、さらにその背後に見える小沢一郎の影が大きすぎたことが大敗に繋がったのでしょう。

さて、自民党と公明党を合わせると議席数は325となり、これは圧倒的多数ということになるそうです。総議席数の3分の2以上を占めることで、

  • 秘密会の開催
  • 憲法改正の発議
  • 国会議員の除名
  • 参議院で否決された法案の再可決

などが可能になるとのことです。

特に今回自民党は憲法改正も争点に選挙戦を行っていましたので、今後憲法改正の動きが加速されることが予想されます。

その憲法改正については連立与党となる公明党は自民党よりも慎重な姿勢ですが、与党に加わらない維新が自民党に協力する可能性が高く、仮に公明党が反対したとしても十分に総議席数の3分の2以上を確保することが可能です。

もっとも、参議院では自民党と公明党は合わせて102議席と過半数に達していないため、来年夏の参議院議員選挙でどこまで議席を伸ばせるかが問題となるでしょう。

今回の総選挙で保守系の政党が約360議席を獲得しており、逆にリベラル系は約80議席と大きく差が開いた状態となりました。

来年夏の参議院議員選挙の結果で日本の将来が大きく左右されることとなりそうで、注目していきたいと思います。

ad

-コラム