Cox Cafe

XperiaやMVNOの情報など

格安SIMを使いませんか?

IIJmio使う人は紹介コード「694 8329 6496 4226」を使うか、 こちらから是非どうぞ。
2ヶ月間高速データ量が10%増量されます。

今の日本で徴兵制の復活は考えにくい

自民党が憲法9条の改正に言及していますが、それを持って徴兵制が復活すると考える人もいるようです。しかし、今の日本で憲法9条が改正されて自衛隊が国防軍になったとしても、徴兵制が復活することはほとんど考えられません。

まず、現在世界で軍隊を保持する国は170ヶ国ほどあります。軍隊を保持していない国の多くは、

  • 十分な国防能力を維持する経済力がない小国。
  • 近隣に敵対する国がない小国。
  • 大国の侵略で武装解除された小国。
  • 近隣の大国に国防を委託している小国。

などに該当します。

また、軍隊を保持している国のうち、徴兵制を敷いている国は約60ヶ国あります。さらにそのうち約30ヶ国は良心的兵役拒否を法的に認めています。そして残り約30ヶ国のうち兵役拒否を法的に禁じている国は紛争地域を抱える韓国や北朝鮮、イスラエル、東南アジアやアフリカの一部など数ヶ国だけになります。

世界的な流れは徴兵制の廃止に動いており、仮に徴兵制を行っていても社会福祉等の代替役務で軍隊に行かなくても良い国が多いです。

そんな中で、特に紛争地域を抱えている訳でもない日本が徴兵制を復活させるのは現実的ではありません。

そしてさらに、徴兵制には数多くのデメリットがあります。

  • 徴用兵は志願兵に比べて士気・練度が低い。
  • 武器の性能が高度化しており、徴用兵では使いこなせない。
  • 昨今の戦争は兵力よりも武器の性能が重視されるため、徴兵で大軍を編成する必要がない。
  • 毎年徴用されてくる新兵の訓練に膨大な費用と時間がかかる。
  • しかも訓練した新兵は1年程度で辞めて行くのでコストパフォーマンスが悪い。
  • 若者が社会で働く機会を奪うため、社会全体の生産力が低下する恐れがある。

また、自衛隊は現状、志願者だけで十分な兵力を保持出来ています。

以上のことから、戦争をやっているわけでも、するわけでもない日本で、徴兵制を敷く必要性は皆無です。憲法9条改正の是非はともかくとして、改正がすなわち徴兵制の復活とはならないでしょう。

先の大戦の頃と比べて世界情勢や日本の立場、軍事のあり方は様変わりしています。それすら知ろうとしないで盲目的に「軍隊保持=徴兵制=戦争をやりたがっている」と叫ぶのは如何なものかと思います。

ad

-コラム