Cox Cafe

XperiaやMVNOの情報など

格安SIMを使いませんか?

IIJmio使う人は紹介コード「694 8329 6496 4226」を使うか、 こちらから是非どうぞ。
2ヶ月間高速データ量が10%増量されます。

地元の秋祭り

先日、初めてやぐら祭というものを見ることが出来ました。

泉州の祭りと言えば岸和田のだんじり祭が有名ですが、9月中旬に行われる岸和田だんじり祭の他にも10月中旬には泉州全域でだんじり祭が行われます。しかし泉南市、阪南市、泉南郡岬町ではやぐら祭というものが行われます。

私はこのやぐら祭の存在を数年前まで知らず、この3自治体でも当然にだんじり祭が行われているものだと思い込んでいました。

やぐらは屋根の形などはだんじりと似ていますが、車輪は2輪しかなく、前から棒が突き出ていて曳き手はそれを持ってやぐらを曳きます(曳き手の人数が多い時は綱も付けて曳くようです)。また、だんじりは人が乗って太鼓を叩いたり屋根で踊ったりしますが、やぐらは基本的に人は乗らず、太鼓はやぐらの後ろに設置されていて歩きながら叩きます。

車輪が2輪しかないのでだんじりにある前梃子や後梃子もなく、その場でグルグル回ったりすることも比較的簡単に出来るようです。また、前の棒を上下させてやぐらを揺さぶったりと、だんじりでは出来ない激しい動きも出来ます。

私が引っ越した泉南市の町もやぐらを持っており、祭りの2日間は時々家の前を通ったりしていました。

やぐら

夜はだんじりは走らずにノロノロと歩くだけですが、やぐらはこの通り提灯も少ないので走り回っていました。息子を抱っこしながら片手で撮影したのでブレまくっていますが。

このやぐら祭で感心したのは、やぐらの後ろを軽トラがついて回り、見物人らが捨てたゴミやタバコの吸殻を直ちに回収していたことです。私の出身地である岸和田のだんじり祭の場合は、祭りの翌日はまるで町全体がゴミ捨場のような有様ですので・・・。

ad

-管理人の日記