Cox Cafe

XperiaやMVNOの情報など

診断

格安SIMを使いませんか?

IIJmio使う人は紹介コード「694 8329 6496 4226」を使うか、 こちらから是非どうぞ。
2ヶ月間高速データ量が10%増量されます。

急性副鼻腔炎と診断された

2014/11/29

ここ数日何だか頭痛がするなと感じていましたが、原因不明の頭痛はよくあることなのであまり気にしていませんでした。しかし昨日の昼過ぎになって頭痛が少しキツくなったので、いつも持ち歩いているバファリンを飲みました。

それで痛みは少しマシになったもののいつものように完全に消えることはなく、それどころか今度は頭ではなく左目の下の奥の方が痛くなってきたのです。

夜21時半頃、長男を寝かしつけるためにしばらくベッドで仰向けになって寝転んでいると、突然左側の鼻から大量の鼻水が喉の方に流れ落ちてきました。その時、鼻の奥で強い痛みも伴いました。更に鼻水はまだまだ止まらず喉の方へ流れ落ちて来るのです。

「もしかして蓄膿?」と考えましたが、とりあえず一晩寝れば治るかも知れないと思っていつもより少し早めに就寝。

翌朝起きると、やはり左目の下の奥の方の痛みは残っており、更に左側の鼻の鼻水だけ断続的に喉の方へ流れ落ちています。更に鼻の穴からも少し鼻水が出て来たのでかんでみると、黄色っぽい鼻水が出て来ました。

やはり蓄膿なのかも知れないと考え、昼に会社近くの耳鼻咽喉科へ。診察結果は、急性副鼻腔炎とのことでした。

スポンサーリンク

ad

目の下など複数箇所に鼻と繋がった副鼻腔という空洞があり、通常はそこに空気が入っているはずなのに、副鼻腔の粘膜が細菌やウィルスなどが原因で炎症を起こして膿などが溜まる病気。昔は蓄膿症と呼ばれていたそうです。

私の場合はレントゲンの結果、副鼻腔の中でも左目の下の上顎洞と呼ばれる場所に膿などが溜まっていることが判明しました。レントゲン写真では通常は黒く写る副鼻腔が、頭蓋骨と区別が付きにくいほど白く写っていたのです。

治療法としては、まず副鼻腔の粘膜が炎症を起こしている原因となっている細菌やウィルスを退治するところから始めるそうです。ということで、以下の薬を処方されました。

グレースビット錠50mg
ニューキノロン系の化学療法薬。抗生物質。
フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg「EE」
アレルギー性疾患の治療薬。
プランルカスト錠225mg「AFP」
気管支喘息やアレルギー性鼻炎の治療薬。
ポンタールカプセル250mg
下熱、鎮痛、炎症を抑える効果。
レバミピド錠100mg「EMEC」
胃腸薬。
カルボシステイン錠500mg「トーワ」
粘膜を正常にして痰を出しやすくする。

えっと、想像していたより大量です。全部まとめて飲む訳ではないですが。

グレースビットは細菌を倒す抗生物質なので、ウィルス等には効かないそうです。とりあえずこれで1週間様子を見るとのこと。経過が順調ならば、その後副鼻腔の粘膜の機能を回復させる薬に切り替えると言われました。

鎮痛剤のおかげか痛みはほとんど無くなったので、後はきっちりと薬を飲んで早く治癒することを願っています。

2014年6月6日追記

1週間経って、改めて病院に行きました。

経過はまあ良好とのことですが、まだ膿が少し出ているようなので、抗生物質をジェニナック錠200mgに変更して引き続き投薬を続けることになりました。

ただ、痛み止めのポンタールカプセル250mgと胃腸薬のレバミピド錠100mg「EMEC」は今回からは無くなりました。

2014年6月13日追記

3回目の病院。

状態が良くなったということで、菌を倒す治療から鼻の粘膜を回復させる治療に移行するそうです。

抗生物質をクラリス錠200に変更しました。

2014年6月20日追記

4回目の病院。

状態が再び悪くなったというので、抗生物質をクラリス錠200から最初にもらったグレースビット錠50mgに戻されました。残念です・・・。

2014年7月18日追記

8回目の病院。

息子に風邪を移されるなどして治療が長引き、グレースビットだジェニナックだクラリスだと抗生物質の投与を繰り返してきましたが、ようやく自分でも鼻水がほとんど出なくなったと感じられるようになり、今日で治療は終了となりました。

ad

-管理人の日記