Cox Cafe

XperiaやMVNOの情報など

MIMIYAKO85_ukiwaboy20140726500

格安SIMを使いませんか?

IIJmio使う人は紹介コード「694 8329 6496 4226」を使うか、 こちらから是非どうぞ。
2ヶ月間高速データ量が10%増量されます。

Windows 7から8.1にすべきシンプルな理由

先日、私が会社で使うPCをWindows 7から8.1にアップグレードしました。

以前上司のPCを購入する必要があり、当人がWindows 8で良いと言うのでそうしたのですが、それ以後その上司からWindows 8の使い方に関する質問が(普段から多いのに)急増したので良いイメージは全くありませんでした。

しかし8.1になって随分マシになったという話を聞いたので、私も7から卒業することにしました。

スポンサーリンク

ad

準備

私はWindows 7から8.1へのアップグレードという方法でやりましたが、画像や文書等のデータはそのまま残るものの、インストールしてあるアプリケーションは全てインストールし直す必要があります。

したがって、自分のPCに何をインストールしてあるかをリストアップし、アップグレード後にすぐインストールし直せるように用意しておきます。

アップグレード

Windows 7を起動したままアップグレード用のメディアを挿入し、指示された手順に従って作業を進めていくだけです。

途中の引き継ぐ項目を選んでくださいの選択で、

  • 個人用ファイルのみ
  • 何も引き継がない

の2つが出てきますが、クリーンインストールしないのであれば上を選びます。なお、先述の通り、上を選んでもアプリケーションの再インストール作業は必要になります。

カスタマイズ

無事Windows 8.1にアップデートが終わると、これを使いやすくちょっとだけ手を加えることにします。

PC起動時にデスクトップ画面を開く

まず、PC起動時にWindows 8系で悪名高いスタート画面のMetro UIをスキップするようにします。Metroはタブレット端末であればとても良いものだと思うのですが、普通のデスクトップPCには無用の長物です。

デスクトップ画面のツールバーを右クリック→プロパティ→ナビゲーション、と進めます。

metroskipそして上のように、「サインイン時または画面上のすべてのアプリを終了したときに、スタート画面ではなくデスクトップに移動する」にチェックを入れます。以上。

Windows 7風のスタートボタン

次に、スタートボタンをWindows 7風に変更します。Windows 8.1になって多少マシにはなったものの、やはり使いにくいことには違いがありません。

そこで、Classic Shellというアプリケーションを利用します。インストールすると最初は設定が英語になっているので日本語に変更します。

スタートボタンを右クリックして「Settings」→「Language」→「日本語」を選択し、一旦Classic Shellを終了。それからアプリ一覧からClassic Shellを選択して起動すると、設定が日本語に変更されています。

後は自分の好みに合わせて設定していきましょう。

Windows 8.1にしてみて

個人的には大正解だったと思います。

特に私はWindowsのインストール・ドライブがSSDということもあって、PCの起動がメチャクチャ速い。別にWindows 7の時も遅い訳ではなかったですが、それでも圧倒的に速いと実感出来ます。

また、全体的な動作が軽快になったようにも感じます。これは起動速度ほど実感出来る訳ではないものの、あらゆる操作のレスポンスが良くなったのは確かです。

逆に8.1にしてダメだったなと感じる部分は、2週間使ってみたところ何もありません。

デメリットはほぼなく、動作は軽快で使い勝手は変わらない。これほどアップグレードすべきシンプルな理由はありません。

Windows XPのOS市場シェア、8月もまだ20%以上という記事でWindows 8のシェアが、8.1の7.09%に対して未だに6.28%もあると書かれていましたが、特に8で不便に思っている人はすぐに8.1にアップグレードすべきだと思います。

もうすぐWindows 9が発表されるという話もあるので今更感のある話題ですが、もっと早く7から8.1にすべきだったなと今は後悔しています。

ad

-主要エントリー
-