Cox Cafe

XperiaやMVNOの情報など

PAK13_moshimoshiOL20131019500

格安SIMを使いませんか?

IIJmio使う人は紹介コード「694 8329 6496 4226」を使うか、 こちらから是非どうぞ。
2ヶ月間高速データ量が10%増量されます。

スマホのIP電話アプリの品質

2015/02/16

私は普段、通話専用のガラケー(F-08B、ドコモのFOMA SIM)と通信・メール用のスマホ(Xperia A SO-04E、BIGLOBE LTEのデータSIM)を2台持ち歩いています。

しかし、正直2台ポケットに入れておくのは面倒だと感じ始めたので、今ではガラケーは鞄にしまい込んでスマホだけポケットに入れ、ガラケーに来た着信はドコモの転送でんわサービスを利用してスマホのIP電話で受けるようにしています。

転送した分の通話料は無料通話分で納まっているので費用もかかりません。とても便利です。

ところで、転送先のIP電話番号ですが、私はLaLa Call(eo光ユーザーは基本料無料)とFUSION IP-Phone SMART(基本料無料)の2つを持っているので、どちらが良いかちょっとだけ比較してみました。

着信までの時間差

まず問題になるのが、実際に相手が発信してからこちらの端末の着信音が鳴り始めるまでの時間差です。転送でんわサービスを利用して着信すると、直接IP電話の番号にかけた場合より少し遅れることがあるのです。

アプリ起動
転送あり
アプリ停止
転送あり
アプリ起動
転送なし
アプリ停止
転送なし
LaLa Call 3コール 5コール 1コール 3コール
FUSION IP-Phone SMART 1コール 2コール 1コール 1コール

5回ずつ試した平均で、使用したアプリはそれぞれの公式アプリ。発信側で何コール目に着信側で着信音が鳴り始めたかを調査しました。

アプリは起動状態か停止状態(端末設定から停止)か、ガラケーの番号にかけたものを転送でんわサービスでIP電話の番号に転送したか直接IP電話の番号にかけたか、それぞれやってみました。

ご覧の通り、着信の速さに関してはFUSIONの方が速いです。LaLa Callの方は、特に転送時にアプリが停止状態だと着信音が鳴り始めるまで相手は5コールもしており、下手をするとこちらが電話に気づいて出る前に切られてしまいます。

通話品質

これは私の個人的な感想を書くことになりますが、通話品質は圧倒的にLaLa Callの方が良かったです。

音質は端末の通信状態がLTEでもWi-Fi(5GHz)でも良く、音声が途切れることもありません。また、遅延もほとんど感じられません。

一方でFUSIONの方は音質こそ良いものの、音声が頻繁に途切れるので会話に支障が生じることもありました。コーデックも変更してみましたが改善されません。相手にも何度かこちらの言葉を聞き返されたので、問題があるんだと思います。

ちなみにFUSION公式アプリのコーデックの変更は非常にわかりにくい場所にあります。

設定→SIPアカウント→アカウントリストの電話番号右側の矢印→詳細設定→音声コーデック。

まとめ

着信の速さと通話品質、どちらも一長一短で決め手が欠けている状態です。どちらも重要な要素なので、どちらかが欠けていると正直使いづらい。

スマホ用のIP電話アプリは日々良くなってきているのは確かなので、もっと品質が向上してくれることを願います。

ad

-主要エントリー
-,