Cox Cafe

XperiaやMVNOの情報など

green_floppysima20141024222406500

格安SIMを使いませんか?

IIJmio使う人は紹介コード「694 8329 6496 4226」を使うか、 こちらから是非どうぞ。
2ヶ月間高速データ量が10%増量されます。

Webサイトの「上へ戻る」って本当に必要?

2015/02/16

今新しくWebサイトを作っているのですが、これまで当たり前のように付けていた「上へ戻る」ボタンが本当に必要なのかふと疑問に感じました。

それで妻にこの質問をしてみると、「使わないし、いらない」という返答でした。妻は比較的よくPCを触る人ですが、Internet Explorerを初期設定のまま何も弄らないでずっと使い続ける、いわゆるフツーの人です。

最近は幼い息子が横からPCを覗き込んだ時にエロ広告が表示されていることに危険を感じて私に相談してきたので、Adblockの拡張機能を追加したChromeを使うようにしてもらいましたが。

さて、話を元に戻すと、そもそも上へ戻る必要性ってなんでしょうか。

  1. Webサイトの上部にメニューリンクがある。
  2. 上の方にもう一度見たいものがある。

他に何があるでしょう。私にはちょっと思いつきません。

仮に上記1や2の状況で、それらが近い位置にある場合はマウスホイール等の操作で上へ戻るでしょうし、ホイール操作では少し遠い位置ならキーボードのHomeを使ったり上へ戻るマウスジェスチャーを設定すれば済む話です。

第一、私の妻のようなフツーの人は、どんなにWebサイトの製作者が気を利かせて「上へ戻る」ボタンを付けたとしても、それを使わずホイール操作をがんばって上に戻ったりします。私の妻だけでなく、私の上司なども結構遠い距離をがんばってホイール操作していました。

スポンサーリンク

ad

つまり、コンピュータリテラシーの高い人は自分なりのやり方(Homeやマウスジェスチャー)で上へ戻るし、コンピュータリテラシーの低い人はホイール操作をがんばるかスクロールバーを上へ持って行くなどして上へ戻るので、どちらの層からも「上へ戻る」ボタンの需要は低いのではないかと考えるわけです。

もちろん、ちゃんと統計を取ったわけではないので単なる私の思い込みかも知れません。しかし、それにしては私の周辺でそれを必要としている気配を全く感じないのです。

ちなみにこのブログのテーマにも「上へ戻る」ボタンがありますが、私はこの記事を書くまで気づきもしませんでした。

最近はjQueryを利用して、少し下へスクロールしたら「上へ戻る」ボタンがフェードインしてくるなど、ちょっとおしゃれな感じの演出が一般的になってきました。また、上へ戻ってもURLの末尾に#topなど余計なものも付きません。

確かに必要性はともかくとして、見た目は悪くないのです。あっても基本的に誰も困ったりはしません。でも、必要性が低いのならない方がすっきりするのではないかとも思うのです。

また、可能であれば、1ページの情報量を「上へ戻る」ボタンが必要ない程度に収めたり、メニューリンクの配置に配慮があれば良いのかも知れません。

昨今はPCだけでなくスマートフォンからWebサイトにアクセスしてくる人が非常に多くなりました。iPhoneであればステータスバーをタップすれば上へ戻れますし、それ以外でも画面をスワイプすればPCでマウスホイールを操作するよりも簡単に上へ戻れます。

つまり、Webサイト側で「上へ戻る」ボタンを用意する必要性はどんどん低下していくのではないかと思うのです。

ふと感じたこの疑問を、現状の当たり前のことを考え直す良い機会にしたいと思います。

ad

-主要エントリー
-