Cox Cafe

XperiaやMVNOの情報など

PAK85_garakebb20141025171133500

格安SIMを使いませんか?

IIJmio使う人は紹介コード「694 8329 6496 4226」を使うか、 こちらから是非どうぞ。
2ヶ月間高速データ量が10%増量されます。

白ロム端末を購入する際の最低限確認すべきポイント

昨今、いわゆる格安SIMと呼ばれるMVNOの注目度が高まって来ていますが、それに伴ってMVNOで使うスマートーフォン端末の需要も拡大しているように感じます。

イオンなどでは格安SIMと端末をセット販売しているので面倒くさい人はそのまま契約すれば良いと思いますが、好きなSIMと好きな端末を自分で選びたい場合はそうはいきません。

そこで必要となるのが、いわゆる白ロムと呼ばれる端末です。

白ロムとはSIMカードが挿さっていない端末のことで、それだけでは電話やデータ通信ができない空っぽの状態の端末になります。そこに自分が契約したMVNOのSIMカードを挿すことで、その端末は電話やデータ通信ができるようになるのです。

白ロム端末を調達する主な方法は、

  • 自分がドコモやauで使っていた端末をそのまま流用。
  • 白ロム販売店やネットオークション等で購入。

辺りになると思います。

ここでは、MVNOで利用する前提で白ロム端末を調達する上での注意点を紹介します。

白ロム端末調達時の注意点

自分が契約する(した)MVNOで本当に使えるか?

まず一番注意すべき点は、自分が欲しい端末が本当に自分が契約する(した)MVNOで使えるかどうかです。

どういうことかと言うと、MVNOには現時点で大別してドコモ系とau系の2種類があってそれぞれ通信方式が違い、例えばau向けに販売されていたiPhoneの白ロムをドコモ系のMVNOで使うことはできないし、逆にドコモ向けに販売されていたiPhoneの白ロムをau系のMVNOで使うことはできないのです。

自分が契約する(した)MVNOがドコモかauのどちら系統なのかをまず確認しましょう。現時点ではau系はmineoとUQ mobileの2つだけなので、それ以外はドコモ系ということになります。

ソフトバンク系のMVNOは今のところありません(厳密に言えばディズニーモバイルがそれでした)。

また、2015年5月から義務化されるSIMロック解除ですが、SIMロックを解除したからと言ってドコモとauの通信方式の違いが変わるわけではないので、結局まともに使うことは出来ません。

SIMロック解除で意味があるのは、MVNOに限って言えばソフトバンク向けに販売されていた端末がドコモ系のMVNOで使えるようになるというだけのことです。

ただし、ドコモとソフトバンクでも対応している周波数は一部異なっているので、ソフトバンク向けだった端末をドコモ系MVNOで使ってもドコモ向けだった端末と同じエリアで使える訳ではないことに注意が必要です。

長々と書きましたが、要するに自分のMVNOがドコモ系ならドコモ向けだった端末を、au系ならau向けだった端末を、それぞれ選びましょう!

スポンサーリンク

ad

SIMカードのサイズを確認

SIMカードには3種類のサイズがあります。標準SIM、microSIM、nanoSIMがその3つ。最近の端末はほとんどmicroSIMかnanoSIMです。

MVNOを契約する際、SIMカードのサイズを選択するはずです。一部ではnanoSIMには対応していないMVNOもあるので、自分が欲しい白ロム端末のSIMカードのサイズをあらかじめ確認しておきましょう。

ネットワーク利用制限を確認

これが一番大事。この確認を怠ると、最悪手に入れた白ロム端末がゴミになります。

現在流通している白ロム端末の大半はドコモやau、ソフトバンクなどのキャリア向けに販売された端末ですが、これらが市場に出回る理由は一旦キャリアで購入した人がそれを白ロム販売店へ転売したりネットオークションに出品したりしているからです。

キャリアで購入するには一括払いか分割払いということになりますが、特に分割払いで購入されて転売、出品された白ロム端末に問題が生じる可能性が高いのです。

どういう問題かというと、特に多いのが料金の踏み倒し。

新品未使用で転売、出品される白ロム端末は、多くの場合最初から転売による利益を得るためにキャリアのMNP割引などを利用して通常より安く購入されたものです。

普通の転売人ならば問題ないのですが、悪質な転売人の場合は最初から代金を踏み倒す気でキャリアから端末を分割払いで購入しているケースもあります。その結果、最初は正常に動作していた白ロム端末が、後で転売人の代金未払いによってキャリアからロックをかけられてしまうことになります。

これがいわゆる赤ロムと言われる端末で、赤ロムになってしまうと電話もデータ通信もできなくなって端末はゴミになってしまいます。赤ロムになってしまった端末はどうやっても元に戻りません。Wi-Fi専用端末として使うか、赤ロム端末としてネットオークションに出品して非常に安く落札してもらうか、泣きながら捨てるかです。

購入した白ロム端末が赤ロムになってしまう可能性はどの端末にもありますが、その可能性の高さはあらかじめ大まかに調べることもできます。それが、ネットワーク利用制限の確認です。

ドコモ向け端末ならドコモのところで調べます。端末の製造番号というものがあるので、それを入力することで判定可能。○、△、×で結果を見ることができます。それぞれの意味は後述。

ネットワーク利用制限これは私のXperia Z3 Compactをドコモのサイトで確認した結果。○判定になっています。

白ロムを購入する際は、可能な限り○判定のものを選びましょう。ネットオークションなどでは通常は製造番号が掲載されているので必ず確認しましょう。そして製造番号が掲載されていないところでは購入しないか、販売者に確認してみましょう。

なお、きちんとした白ロム販売店なら無期限の赤ロム保証をやってくれるので、購入前にそういった点も確認しておきましょう。

○の場合

その端末が一括払いで購入されたか、分割払いでもすでに残債がない状態。

端末が赤ロムになる可能性は非常に低いです。ほぼ無いと思ってもいいでしょう。ただし、可能性が0%になることはありません。○から×になる可能性もあります。

△の場合

その端末に残債がある状態。ただし、一括払いで購入されたものでも、そのまま放置すれば1、2ヶ月は△判定となり、その後に自動的に○判定へ移行します(キャリアでの購入者が必要な手続きをすればすぐに○に移行します)。

端末が赤ロムになるかならないかは半々です。非常にリスクが高い状態と言えるでしょう。

なお、端末自体は普通に電話もデータ通信も○と同じように利用できます。

×の場合

購入代金の踏み倒しや窃盗など、何らかの違反行為がされた状態。最初に○と判定されても、その後購入者の不正が発覚した場合などはいきなり×になることもあります。

いわゆる赤ロム状態で、電話やデータ通信は利用できません。この状態から抜け出すこともできません。

スポンサーリンク

ad

できないことを確認

白ロム端末の場合、MVNOではできないことがあるので確認しましょう。以下に、特に気をつけるべき点を書きますが、これが全てではありません。

ドコモ向け白ロム端末の場合

  • テザリングができない(rootを取れば可能)。
  • A-GPSが利用できない(GPSを利用した位置情報の取得に時間がかかる可能性がある。GPS自体は利用できる)。
  • ドコモのおサイフケータイであるiDが利用できない(EdyやSuica、QUICPayなどは対応端末であれば利用できる)。

iOS8以降の白ロム端末の場合

  • au系MVNOではデータ通信不可

iOSのバージョンが8以降のiPhoneやiPadはau系MVNOであるmineoとUQ mobileではデータ通信ができません。絶対に注意が必要です。

その他、iOS7以前のiPhoneやiPad、あるいはAndroid端末等は問題ありません。

サポート体制

基本的に白ロム端末へのサポートは無いものと思った方が良いです。

ドコモなら購入してから1年間は(こちらとドコモの間に回線契約がなくても)端末の不具合について修理対応の保証はしてくれますが、それしかありません。例えば新品への交換とか、修理中の代替機の貸し出しなどはありません。

落として画面が割れたり水没させてしまったらアウトです。

こうした面が不安な場合、高額な白ロム端末を購入するのはやめておいた方がいいでしょう。壊れても痛くない安い端末を購入するか、SIMカードと端末を保証付きでセット販売しているところで契約した方がいいです。

最後に

白ロム端末を購入してMVNOを利用する人の多くは、キャリアに無駄に高い電話代や通信費を払いたくなくて節約したいと考えているだろうと思います。

しかし、せっかく白ロム端末を購入しても、上記の注意点を見落として余計な出費を強いられては元も子もありません。

MVNOは安い代わりにキャリアのような手厚い保護が無くなるということを十分踏まえてMVNOライフを送って下さい。

ad

-主要エントリー
-,