Cox Cafe

XperiaやMVNOの情報など

DI_IMG_5697500

格安SIMを使いませんか?

IIJmio使う人は紹介コード「694 8329 6496 4226」を使うか、 こちらから是非どうぞ。
2ヶ月間高速データ量が10%増量されます。

大阪でよく電車を利用するならモバイルSuicaはキツかった

私はこれまで電車に乗る時はモバイルSuicaを利用していました。

大阪なのでICOCAかPiTaPaの方が良いとは思うのですが、電車に乗る機会そのものがほとんど無かったこともあり、どこでもチャージ出来るモバイルSuicaはとても便利だったのです。

しかし転職して毎日通勤で電車に乗るようになり、さらに頻繁に電車で顧客のところへ訪問する機会が増えたため、モバイルSuicaでは不便を感じるようになりました。

まず一々チャージする必要があること、次に大阪なのでオートチャージ出来ないこと。この二点が非常に不便。

私は通勤に南海本線を利用し、顧客訪問に大阪市営地下鉄を頻繁に利用します。そこでICOCAは選択肢から外れ、PiTaPaを使うことに。

PiTaPaはポストペイ(後払い)方式

PiTaPaはSuicaやICOCAのようなプリペイド方式ではなく後払いのポストペイ方式なので、PiTaPaエリア内ではあらかじめチャージせずに利用できます。この点が非常に便利。

もっとも、そのせいでPiTaPaはクレジットカードと同等の扱いとなり、カードを受け取るまでに審査が必要となります。つまり即日発行できないのです。

私はこの点を失念しており、初出勤までにPiTaPaカードの受け取りが間に合わなかったのでIC定期ではなく昔ながらの磁気定期券を持つ羽目になりました。

ちなみに磁気定期券は期限が来る前にIC定期へ切り替えることが出来ます。しかしそれには磁気定期券の購入にクレジットカードを利用していないことが条件となります。

私はこの点についても失念しており、磁気定期券をクレジットカードで購入したのでPiTaPaカードが届いてからも途中でIC定期へ切り替えることが出来ませんでした。

相互利用が充実

PiTaPaは基本的に近畿地方の地下鉄や私鉄がエリアですが、もちろん他のエリアでも利用できます。

JR西日本のICOCAエリアはもちろん、首都圏のSuica、PASMOなど、全国の主な交通系ICカードエリアで利用できます。

ただしPiTaPaエリア外では電子マネーとしての利用は出来ませんし、次の項目の通り事前にチャージしておく必要があります。

PiTaPaエリア外ではチャージが必要

ポストペイ方式のPiTaPaですが、PiTaPaエリア外、例えばICOCAエリアのJRを利用するためにはあらかじめチャージしておく必要があります。

ここもチャージ不要なら言うことなしなんですがやむを得ません。

オートチャージについてはPiTaPa申込時に設定するか、申込時に設定していなければPiTaPaエリアの駅窓口で簡単な手続きをする必要があります。

設定が完了すれば、PiTaPaエリア内の自動改札でチャージ金額が2000円未満の場合に2000円が自動的にチャージされるようになります。

PiTaPaエリア外ではオートチャージ出来ないので注意が必要です。

割引が受けられる

例えば大阪市営地下鉄の場合、マイスタイルやフリースタイルといった割引サービスを受けることが出来ます。

フリースタイルなら登録不要で自動的に割り引かれますし、マイスタイルならよく利用する駅を二駅設定するとその駅間の乗車料金には上限が設けられます。

他にも私鉄各社がそれぞれ割引サービスを提供しています。

最後に

全国で交通系ICカードが統一されれば何も言うことはないのですが、そうでない以上、電車を頻繁に利用する場合はそれぞれの地域でメインの交通系ICカードが一番だと思います。

ただ、あまり電車を利用せず、おサイフケータイ対応機種を持っているのであれば、やはりモバイルSuicaが便利でしょう。

しかしそれにしても、発行は面倒ですが、やはりプリペイド方式よりポストペイ方式の方が非常に便利だと感じました。

ad

-主要エントリー