XperiaやMVNOの情報など

Cox Cafe

転職することとなりました

更新日:

2年弱働いたホームページ制作会社を退職しました。

一応自社内で制作はするものの、その他にTVCMやラジオCM、交通広告、Web広告なども手がけていたので、広告代理店と言った方が良かったかも知れません。

私はそこでディレクターとして働いていたのですが、一言で言うと仕事がキツすぎたので病んでしまったのが退職理由です。

絶対に抱えきれない数のクライアントと制作案件を1人で任され、当然毎日終電や朝まで働いても捌き切れないのでクレームに繋がり、その責任も担当1人に押し付けられるといった悪循環です。

クライアントからは連日「何でまだその程度しか進んでいないのか」と詰められ、社長からは「早く納品しろ」と詰められました。

私は社内でそれなりの立場に置いてもらっており、スキルもある程度評価してもらっていたため、任される案件も他の人では難しい、ややこしそうなものが多かったです。会社全体で見てもディレクターの数に対して案件の数が多すぎるため、皆がパンク状態でした。

15、6人程度の社員数ですが、この2年間で30人近く退職するのを見てきました。社員数は常に一定なのに、人はどんどん入れ替わっていくので、私が入った頃と比べるとほとんど別の会社というレベル。20人くらいまでは辞めた人の名前を覚えていましたが、もう全員の名前は出てこないです。

物理的に抱えられる仕事量であれば、とても楽しい仕事でした。無事に納品した時はクライアントにとても喜んでもらえるし、CM制作で放送局に行った時は有名人と普通に会話できたりといったこともありました。

それに、社員はほんとに皆いい人ばかりなので、人間関係で悩むことも皆無でした。

いい人ばかりという点については、今年3月に退職した元部下で今では飲み友になっている人がこんなことを言っていました。

「"いい人"じゃないと続けられないんだから"いい人"ばかりになるのは当然やん」

確かにその通りだなと・・・。

また、給与も全然良くありませんでした。残業代なんて当然出ません。基本給に40時間のみなし残業代が含まれていると社長は言っていましたが、40時間を超えても何も出ません。と言うか、その基本給すら低いです。

転職先で給与明細を見せましたが、絶句していました。

そんな状態で11月に入った頃、クレームが立て続けに入って「もう無理!」と自分の中の糸が切れて、社長に辞意を伝えました。

家族がいる中で次の仕事も決まっていない状態でしたが、流石に限界でした。

社長からはかなり慰留されましたが、決意は変わらず、ここ2ヶ月は順次案件の引き継ぎを行っていました。

幸い、たまに飲みに行くなど懇意にしていただいていたクライアントの担当者が他の制作会社の社長を紹介して下さったのと、前述の元部下が自分の取引先に相談してくれたのと、2つ次の仕事の話をもらうことができました。

制作会社社長は私がこれまでやってきた仕事の物量と幅広さに驚いて、給与は今より出すと保証するしぜひ来て欲しいと言って下さいました。ただ、会社規模が数人程度とかなり小さく、やはり案件があふれているという点が気になりました。

元部下が相談してくれた取引先は職員1500人超の総合病院で、病院のことがわかってWebやグラフィック制作の知識がある人材を求めているということでした。私は丁度総合病院の制作案件を今まで中心に回してきたのでピッタリだったのです。

すぐに広報・企画部署の担当者が会社近くまで来てくれて面談をし、その後正式に面接をして採用ということになりました。

基本給は少し上がった程度ですが、各種手当が充実しているので収入はかなり増えそうです。また、勤務時間も大幅に短縮できそうで良かったです。

元部下にはもう頭が上がりません。

そんな訳で、12月末日を持って今の会社を退職し、1月から総合病院で働くこととなった次第です。

クライアントだった複数の総合病院の担当者とこれまで仕事で色々と話を聞かせてもらいましたが、総務課や企画広報課などが各診療科の医師や看護部と色々と調整をする必要があり、その辺りはしんどいという話はよく聞いていました。

やはり医師はプライドが高く、こだわりが強い人も多いので、苦労させられるんだそうです。

ブラックな制作会社から抜け出したことで油断することなく、がんばっていきたいと思います。

ad

ad

ad

-管理人の日記

Copyright© Cox Cafe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.