Cox Cafe

XperiaやMVNOの情報など

改札の写真

格安SIMを使いませんか?

IIJmio使う人は紹介コード「694 8329 6496 4226」を使うか、 こちらから是非どうぞ。
2ヶ月間高速データ量が10%増量されます。

PiTaPaプレミアム、マイスタイル、磁気定期の違い

現在私は通勤に大阪市営地下鉄を利用していますが、市営地下鉄の場合、単純な定期券以外にも複数の選択肢があるので紹介します。

ここでは私の通勤経路である、「なんば」〜「中崎町」(御堂筋線〜谷町線)を例にとって解説。

なお、ここに掲載している情報は2018年1月13日時点でのものです。詳しくは市営地下鉄のWebサイトで確認してください。

磁気定期券

まずは昔ながらの磁気定期券を利用した場合について。市営地下鉄の場合、下記の料金表に基づいて金額が決定されます。

大阪市営地下鉄定期料金表

「なんば」〜「中崎町」は2区に相当するため、1ヶ月定期を購入すると8930円となります。

使用路線は「なんば」から御堂筋線を使って「梅田」で降り、「東梅田」から谷町線を使って「中崎町」で降りるルートとなるため、定期料金内で可能な途中下車もその路線内に限られます。

スポンサーリンク

ad

PiTaPaマイスタイル

PiTaPaを持っているのなら、このPiTaPaマイスタイルが便利。

PiTaPaマイスタイル

PiTaPaマイスタイルの特徴は、1ヶ月の利用料金の上限が設定されていることと、「登録駅」と「対象駅」が存在することです。上図で言うと、赤背景の駅が登録駅で、緑背景の駅が対象駅。

上限料金は、同区間の6ヶ月定期料金を6で割った金額になります。つまり磁気定期券の料金表を見ると、2区の場合だと6ヶ月定期料金4万8230円を6で割って端数を切り上げた8040円が上限金額ということになります。

磁気定期券よりも890円お得。

そして登録駅と対象駅ですが、下記のような乗車方法だといくら乗っても上限金額の範囲内で利用できます。

  • 「登録駅」で乗車して別の「登録駅」で下車。
  • 「登録駅」で乗車して「対象駅」で下車。
  • 「対象駅」で乗車して「登録駅」で下車。

磁気定期券だと行けないような場所にも気軽に行くことができるようになるのが大きな特徴です。ただし、「対象駅」で乗車して別の「対象駅」で下車した場合は上限金額の範囲外となるので注意が必要。

それでも、仮に上限金額未満しか利用しなかった場合はその金額のみを支払えば良いので、とりあえず登録しておくだけでも良いと思います。

スポンサーリンク

ad

PiTaPaプレミアム

最後にこのPiTaPaプレミアム。こちらもマイスタイルと同じで上限金額が決まっているプランです。

ちなみに私は通勤にこれを利用しています。

PiTaPaプレミアム

こちらもPiTaPaマイスタイルと同じように「登録駅」と「対象駅」が存在しますが、内容は大きく異なります。

マイスタイルでは乗車駅か下車駅に必ず「登録駅」を含める必要がありましたが、プレミアムの場合は「対象駅」で乗車して別の「対象駅」で降りても上限金額の範囲に含まれるのが大きな特徴です。

私の行動パターンだとマイスタイルよりもこのプレミアムの方がお得だと感じたので、このプランにしている訳です。

ちなみに1ヶ月の上限金額は2区の場合9020円。磁気定期券より90円、PiTaPaマイスタイルより980円高いです。

最後に

今回紹介したものの他に、市営地下鉄ではICOCA定期券などもあります。金額的には磁気定期券と変わりませんが、定期区間外を挟んだ乗車の際にはチャージしたICOCAから追加分の乗車料金を支払うことができるので、やはり磁気定期券よりは便利だと思います。

私は南海線と市営地下鉄を通勤に利用しており、南海ではPiTaPa定期を、市営地下鉄ではPiTaPaプレミアムを活用しているため、持ち歩くカードは1枚で済んでいます。

PiTaPaやICOCAなどが入り混じってよくわからないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

ad

-主要エントリー