XperiaやMVNOの情報など

Cox Cafe

PiTaPaがJR西日本でもチャージ不要に

投稿日:

2018年10月1日よりJR西日本は一部区間において、PiTaPaポストペイサービスに対応しました。

PiTaPaは近畿圏の地下鉄、私鉄を中心に導入されている、ポストペイ(後払い)方式を採用している点が特徴の非接触ICカードです。また、事前チャージ(プリペイド)しておけば、ICOCAやSuica、PASMO等のエリアでも使用は可能でした。

それが今回、ICOCAエリアの一部で事前チャージをしなくてもポストペイ方式で利用できるようになったのです。

対象エリア

今回対象となったのはICOCAエリアの一部。残念ながら全てではないので注意が必要です。

PiTaPaエリアの全国相互利用サービス対応路線について」より引用

対象エリア外での利用には、これまでと同様に事前チャージが必要となりますが。

JR西日本区間における割引サービス

PiTaPaをJR西日本区間で利用したい際には、以下のような割引サービスを受けることができます。PiTaPa区間内では、例えば大阪メトロでの利用で割引サービス等が受けられるので、JR西日本区間でも受けられるのは嬉しいですね。

詳細はJR西日本におけるPiTaPa割引サービスをご覧下さい。

時間帯指定割引

平日の10〜17時、または土休日の終日で受けられる割引です。1ヶ月間で4回目以降の利用から、50〜30%の割引となります。利用区間ごとにグループが設けられており、そのグループでそれぞれ利用回数がカウントされる仕組みです。

利用回数割引

利用時間に関係なく、1ヶ月間の同一区間での利用回数が11回目以降から受けられる割引です。11回目以降からは、1回毎に10%ずつ割引となります。

すでにチャージされた分は…

すでにPiTaPaにチャージされた分については、今のところ返金してもらう手段がありません。ポストペイ区間外の、例えばJR東日本区間などで使用せざるを得ないというのが現状のようです。

また、ポストペイ区間外で使用して残額が少なくなった状態で、大阪メトロなどのPiTaPaエリアで使用すると、再びオートチャージされてしまう恐れがあります。不要であれば、オートチャージはPiTaPaエリアの駅窓口で係員に設定を解除してもらいましょう。

利用すると…

実際にJR西日本区間でPiTaPaを利用すると、自動改札通過時に改札の小さなモニターに赤字で「ポストペイ」と表示されました。

これで自分がポストペイを利用できたかどうか確認できます。

ad

ad

ad

-主要エントリー
-

Copyright© Cox Cafe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.